日経225 税金 確定申告

SQ値

日経225は、ある特定の満期日に現実の日経平均株価指数をあらかじめ約定した価格で取引する先物取引ですが、この満期日に決済する値をSQ値と言います。

SQは特別清算指数(Special Quotation)の略で、株式先物取引や、株価指数オプション取引の最終決済を行うための価格と定義されており、満期日までに反対売買が行われないと、このSQ値で決済されます。

そのため、満期日自体をSQ日と呼ぶことが多いです。SQ値は日経平均株価を構成する225銘柄の満期日の寄付値を元に算出されます(寄付値とは売買立会いが開始され、最初の売買についた値のこと)。

取引開始後すぐによらない銘柄もあり、その銘柄については寄った時点での株価を元に算出するため、このような場合は日経平均株価の始値と数値が異なることがあります。

このSQ値は株価指数先物取引の場合、3月、6月、9月、12月の第ニ金曜日に算出され、株価指数オプション取引では毎月第二金曜日に算出されるため、これらの日がSQ日となります。

また、先物とオプションが同時に算出されるSQ日を特にメジャーSQと呼ぶこともあります。