日経225 税金 確定申告

証拠金取引

日経225は証拠金取引によって大きなレバレッジを得る事ができます。

多くの金融商品取引で行われている証拠金取引ですが、これは、個人投資家が取引の窓口となる証券会社などに預けるお金(これが証拠金)で行う取引の事です。

一定の証拠金を預けてその数十倍、数百倍単位での売買をすることが出来ます。

企業側は証拠金を担保としているわけです。

証拠金取引はよくテコの原理でたとえられます。

小さな資金で信用供与してもらい、大きな取引を可能とするのをたとえたものです。

また、取引する商品によっては「保証金取引」と表される場合もあります。

仕組み自体はまったく同じものなのですが、証拠金というとどうしても強引なセールスや出金拒否などが連想される場合があるため、イメージを変えるために名づけられたものです。

この証拠金・保証金制度によって、大きな資金を持たない個人投資家でも市場に参加し、ある程度の規模の損益を見込んだ取引をすることが出来るようになっていますが、証拠金よりも大きな取引をするわけですから、当然メリットと同様のリスクを負うケースも出てきます。

いずれにしても証拠金取引ではリスクコントロールが大切というわけです。