日経225 税金 確定申告

金融派生商品(デリバティブとは)

デリバティブとは金融取引(借入、預金、債券売買、外国為替など)の相場変動によるリスクを回避するために開発された金融商品をあらわし、現物商品ではなく、その価格変動を取引の対象としています。

日本語では「金融派生商品」といわれ、日経225はこのデリバティブを代表するものとして知られています。

デリバティブ取引の特徴は何点かに集約することが出来ます。

まずレバレッジ効果によって少額の資金で多額の売買をしたときと同じ経済効果が得られるというもの。

そして将来の取引を現時点で確定するために、リスクヘッジ効果を持つということです。

デリバティブは、先物取引、オプション取引、スワップ取引と、いくつかの種類に分類することが出来ますが、最も代表的なものが先物取引です。

これは将来における特定の時期に事前に約定した価格で売買することを約束する取引で、差金決済となります。

また、オプション取引は、あらかじめ決定した価格によって一定期間中に取引をする権利を売買するもので、スワップ取引は種類の異なる通貨や金利をやり取りする取引です。