日経225 税金 確定申告

日経225と地方税

日経225などの先物取引による所得には20%の税金が掛かりますが、このうちの5%は地方税となっています。

地方税とは地方税法、及び書く地方公共団体の条例に基づいて化せられる税金です。

地方税制は税制調査会などで審議が行われ、経済の状況や財政の状況などを考慮して政府が原案を作り、国会で地方税法改正案として審議が行われたうえで、定まります。

また、それを元に各地方の公共団体の議会が地域性に合わせた税条例を定めて生きます。

その目的は、地方公共団体が住民に対してサービスを提供するための財源とするためのもので、各地方公共団体によって還元の仕方も違ければ、必要となる税収も異なります。

しかし、地域ごとにあまりの格差が生まれることは望ましいことではないため、地域ごとの税収の違いを補填する地方交付税というものが存在します。

地方税は大きく道府県に納付する道府県税と市町村に納税する市町村税に分けられます。

また、徴収された税金の使用目的が特定されている目的税と普通税に分けられ、また、税金の負担者の違いで直接税と間接税に分かれます。